昨年10月に妊娠が分かり、11月のイベント出演を最後に公の場を控え、
4月に3350グラムの女児を出産した。
「女性としての幸せを考えた」と語り、我が子に対しては「かわいいなと思う」と
母親としての表情を見せていた。

結婚や子供の父親について、安藤は語らなかったが、
5月には写真週刊誌「フライデー」でプロスケーターの南里康晴(27)との同棲が報じられていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130701-00000109-spnannex-spo引用

imageimage (1)

フィギュアスケート女子の村主章枝(32)も祝福

「女性として」とのタイトルで更新。
「彼女は、女性として子供を持ち、そして再チャレンジするという
人生を選んだのかな。素敵だね」と、安藤の“選択”を尊重。

その上で「私は、器用ではないから、出産してから、
またチャレンジということができないだろうと思ったから、
ずっと滑り続けることを選んだ」とつづっている。

 もちろん村主自身も、女性として結婚、出産を考えるとしながら
「どちらが正解というわけではなくて、みんな、
十人十色様々なストーリーがあっていいと思う」。

そして「女性が子供がいても、働けるとかスポーツが
できるようにサポートする体制がもっと日本でもあるといいなと思う。

でないと、可能性がどんどん失われてしまう。
そういうことにも協力できるように頑張ります」と記している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130701-00000113-spnannex-spo引用

efb45123

うーん、どうでしょうか?びっくりといえば、びっくり、。

そうか、、そうなんだ。と冷静でいたり。そんな感じです。

まあ、相手もおそらく南里康晴さんだと思いますし、ここでモロゾフコーチだった!! と
なれば、また、違った印象になりますしね。

彼女ももう大人でしょ?25歳でしょ?そんな世間知らずではないから
彼女の選択は選択として見守るしかないです。

今後そうした彼女がサクセスストーリーを世間は見ています。

出産が、いい方向に向いていけばいいですね。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます