002377

こんにちは、改めまして、トーミと申します。
バツイチ子持ち再婚で、10年以上が過ぎました。

 
初婚当時は26才でして、今でいうと、まあ、早い?
普通なのでしょうか?
まさか、離婚するとは夢にも思いませんでしたのでね。

 
よく、結婚が決まるとそのあとは、
とんとんと決まって流れていきますよね?

 
でも離婚って、すごいパワーが必要です。
まして子供がいますと、親権問題、養育費。慰謝料。
はあーっ。どうしましょ。

 
でも現状維持だけはどうしてもできませんでした。
このままだと、自分の人生の未来予想図が見えませんでした。

 
「嫁姑問題、すれ違い、、」
修羅場も経験しました。
離婚調停。別居。市営住宅での生活。それでも何とか前向きに子供たちと
生活していったのです。

 
その、子供たちが仲良くなった友達のお父さんと
出会ってそれが縁で再婚できました。

それからというもの、必死でしたねー。
また、反省すべき点も、気づかされるところも多々ありました。

 
男女の、うーん、夫婦の法則。
そいういものをいろいろお伝えできたらいいと思います。

 
また出会いにおいても、言いたいです。
性格の不一致?価値観?これを超えるものの存在とか。

 

やはり、人間っていいものだと思います。その理解するまでがドラマですが;^^
いまはね、ここまで生きてきて、思うのは感謝しかないんです。

 
離婚再婚はつらいし、できればしないほうがいいに決まっています。

 
でも私の場合は神様が大切なものに気付かせるために、少し遠回り、、
まわり道をさせてくれたんだと思っています。

人生に「汚点」ってあるのでしょうか?
おそらく、すべての出来事に感謝できることができたのなら
意味がわかると思うのです。

 
このブログでは今までのエピソードとかも交えて、紹介していきたいと思っています。
たとえば、婚活事情にしても、、。今は、いろんな婚活形態がありますよね。
それでも結婚できる人、なかなかできない人がいらっしゃいます。

 
この違いはなんなのでしょうか?おそらく、
イメージ力の弱さが原因の一つだろうと思うのです。
情報が多い世の中で、いつの間にか流されたり。

 
いろんなタイプの方がいらっしゃいますので、その方なりのイメージの固め方。
自分のイメージ、理想のイメージ とか。

 
その心に思い描く力を応援したいと思っています。

 
そしてそれは、夫婦、結婚生活までも、理想化できる力があります。それは
今でいうところの、引き寄せの法則化もしれませんね。

 
唯一なる、パートナーさんとどう向き合って生きるのか?生きたいとするのか?
一人一人、違いますが私も探究は続きます。まだまだ途中です。

 
一緒に成長していきたいと思います。

ステップファミリーとしてスタートさせた家族構成
私の連れ子:小学1年・6年女子
再婚をきっかけに面会なし。

パートナーの連れ子:小学3年女子
もう一人の長男は母方のほうに。
月一回ペースでの面会。

★もう再婚で失敗したくないあなたに!
もう離婚はコリゴリ!再婚で後悔・失敗しない夫婦構築法



あなたに贈る言葉~

あなたにも、何かの困難や苦しみや挫折があるでしょう。しかし自分の中に
強い信念があれば、何ものも、あなたを打ち負かすことはできません。

 
ですからどうか強くあってください。”I can” 「私は出来る!」という
魔法の言葉を使ってください。

 
あなたは毎日、色々なことを考えていますが、1日中、
つまり朝から夜中まで考えていることが
あなたは何者かであるか?を決めるのです。

 
もしこの事実を理解できたなら、あなたは自分を変えることが出来ます。
あなたは未来の自分の姿を、将来、自分がどうなりたいかをクリアに
イメージすることが出来るのです。

 

そのテクニックとは、将来あなたが本当に必要とする、あるいは
そうなることを希望するビジョンを心の中にイメージしたり、
描いたりするだけなのです。

 
もしも困難に直面したら自分に”I can””I can”と言い聞かせてください
この魔法の言葉があなたを変えます。

 
人生とはあなたが「これが私だ」と考えているその内容そのものであり
人生とはあなたの心の方向性そのものです。

 
それがあなたの人生であり、あなたの人生を決めるのです。言い換えれば
あなたの燃えるような情熱があなたなのです。

 
ですからあなたが近い将来どのようになるのか、腹を決めてください。
つまりあなたが将来どうありたいのかということを、
決めていただきたいのです。

 
素晴らしく美しい未来を描くべきです。そうすればそれが実現するでしょう。

 
あなたはイメージすることが出来る力そのものです。
あなたがイメージできる自分、それがまさしくあなたであるのです。

 
「人生の黄金の秘密への鍵」より引用