最近は、胸を大きくする方法の一つとして、
エステのプチ豊胸を利用する人が増加していますが、
どういった施術をするのでしょうか。

 

プチ豊胸では、メスを使わずに豊胸手術を行います。

皮膚を切開せず、プロテーゼなどを挿入して胸のサイズを大きくします。

 
ヒアルロン酸の注入法が、プチ豊胸の中ではよく知られています。

 
ヒアルロン酸は人体の様々な場所にもともとある物質で、
体の構造を維持するために欠かせません。

プチ豊胸では、極細の注射針でヒアルロン酸を注射します。

 
メスを用いない手術なので、
切除や縫合の痕跡が残る心配はありません。

胸のサイズだけでなく、形を変えることもできます。

アレルギーの危険性も低く、30分程度で終わることもプチ豊胸の利点です。

 
自然なペースで、
徐々にバストサイズをあげることもできるわけです。

 
ただし、体内に注入されたヒアルロン酸は、
時間の経過と共に吸収分解されます。

 

施術直後は胸は大きくなりますが、2~3年で元の状態に戻るといいます。

 

もしも、プチ豊胸で大きくしたままのバストでずっといたいならば、
定期的にプチ豊胸が必要です。

 

ずっとバストが大きい状態ではないために、
結婚式のような特別な行事のためにプチ豊胸をする人もいます。

 
美容整形外科のカウンセリングではプチ豊胸について聞けますので、
受けてみたい人は行ってみるといいですよ。

 

【プチ豊胸のメリット】

プチ豊胸のいいところは、どのような点でしょうか。

基本的には、ヒアルロン酸をバストに注入して、かさましを行います。

 

ヒアルロン酸を注入するプチ豊胸のいいところは、メスを使わずに済み、
手術痕ができないことにあります。

 
ヒアルロン酸はもともと体の中にある物質できから、アレルギー反応の心配もわずかです。

プチ整形では、ヒアルロン酸の注入は広く行われています。

サプリメントや、化粧品にも美容成分として使われています。

 

ヒアルロン酸を注射してプチ豊胸をする時には、あらかじめ患部に麻酔を使います。

メスを使う豊胸手術と比較するとダウンタイムが短く、
すぐに日常生活に復帰できます。

 
プチ豊胸は、仕事は休まず出社して、でも豊胸もしたいという人に適しています。

 
ヒアルロン酸を注入してもレントゲンに出ることはありませんし、
痛みも筋肉痛くらいです。

プチ豊胸は、胸の動きや弾力にも違和感がありません。

 
プチ豊胸は永続効果はありませんが、
一時的にでもバストサイズをアップしたいという人には、
ヒアルロン酸注入法がおすすめです。

 

もしもプチ豊胸を受ける時には、あらかじめカウンセリングに行き、
信頼できる説明をしてくれる美容クリニックなどで施術を受けてくださいね。

 

いろいろお話ししましたが、どうも、施術はやっぱり最後の砦かな?と思うことも。
こちらの3つもかなりプチ豊胸、
バストアップには実績を出しているようです。

安心安全なバストの外側と、内側からのアプローチ!

取りあえず2か月間、お試しあれ!

胸を大きくする

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます