夫婦円満秘訣 結婚愛と家庭愛の違い 3

こんにちは!今回は前回に続き

「結婚愛と家庭愛の違い 3」です。いよいよ最終回です。

では宜しくお願いしますね。

 【アコヤ貝のたとえ】

アコヤ貝は外から砂や小石などの異物が入ってくると
苦しみます。

 しかしやがて

その異物をみずからの粘液によってくるみ、固め
見事な真珠にしていきます。

 

真珠は外からは何のかけるところも
ないように見えます。

それが真珠の特徴です。

 しかし

 その、見事な真珠ができるには

「砂や小石が入ってアコヤ貝が苦しんだ。」
という事実があるのです。

 夫婦とはアコヤ貝のようなものかもしれません。

 アコヤ貝は二枚の貝殻からできています。

 

 夫婦は二枚の貝殻で一つの貝をつくっており

 そのなかで真珠のように、見事なものをつくりだそうとしているのではないでしょうか?

 それでは、持続によって生み出される美徳は何でしょうか?

なぜ持続をしていくことに、価値、値打ちがあるのでしょうか?

 それは真珠のたとえを例に取って考えるとよく分かるでしょう。

 入ってきた異物を単に吐き出すことをもって

よしとするならば、

あるいは

  砂や小石が互いに離反して、口を開いたならば決して真珠はできません。

 異物は、異物なるものはよりすばらしいのもを、はぐくんでいくために

利用していかなくてはならないのです。

 

 家庭愛においてはこの努力が、試されているといえます。

結びついたものが、すぐに離反していくだけならば
それは愛に力とはいえないでしょう。

 愛の力の中には「結びついたものが、お互いに力を強くし合いながら決して手を離さない」

というところがあるのです。

 うーん、どうでしたでしょうか?結婚って深いですよね?

やはり単なるパートナーではなくて、高めあう間柄なんだと思います。

 「結婚したら、幸せになれる」と思いこむ人もいますが

そんな自動的になれるものでは、ないですよね;^^

運命の人、赤い糸の人であっても、愛し合う努力が必要で、その過程で絆が

深まります。

 「そういう考えもあるんだ」「妻は、夫は、こうしてほしいんだ」

  問題がないから、幸せではなくて、問題を乗り越えるたびに、二人の距離が縮まっていく

その景色をみてほしいと思います。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

バツイチ再婚

こんにちはトーミと申します。現在は旦那さんと3人娘と楽しく暮らしています。実はお互いに訳ありなんです。いろいろありましたが、幸せを享受しております。


そんな経験でつかんだ男女の法則性や今どきの婚活・結婚生活での気づき、情報をお伝えできたらいいと思っています。どうぞよろしくお願いしますね^^


どんな人と、どんな結婚をしても幸せになる道はあると思います。(でも暴力は難しいかなー)失敗や挫折をしても、教訓をつかみ信念に変えて、いつも前向きなあなたの未来は明るいです。


人生はそんなに長くはないです。だから完璧な人生、傷のない人生、欠点のない人生ではなく、より良い人生を生きましょうね!

プロフィール

当サイトについて


ご質問、ご相談はこちらから お気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちら


詳細はこちらからどうぞ

えーっ、妻の再婚相手のトミオと申します。今の幸福は妻のおかげであると思います;^^まさに、美女と野獣ですよね。そんな私も時々、経験上男性目線で、投稿しますのでよろしくお願いします。

カテゴリー

最近のコメント

恋愛・不倫・浮気相談

ロバミミ

このページの先頭へ