うーん、新婚時代では、どんなにラブラブな夫婦でも、
「全く喧嘩しない」なんてことはありえないですよね。

では、夫婦間の溝をうまく埋めていける夫婦と、
ささいな争いから、離婚にまで発展してしまう夫婦とでは、どんな違いがあるのでしょうか?

 

離婚するカップルの会話パターンを調べてみましたよ。
93%の確率で以下の4つの特徴があることが判明したそうです。

①相手を軽蔑するような発言をする

意見が合わないときに、相手を軽蔑するような発言をすると、
離婚リスクが2倍にはねあがります。

けんか1
夫婦間で意見が衝突したときに、思いきり口論するのも悪くありません。
その際、怒りで語気が荒くなることもあるでしょう。

それでも、「あんた頭がおかしいんじゃないの!?」など、
相手を見下すような発言はなるべく慎みたいものです。

②人格攻撃をする

お互いに、人格攻撃し合っている夫婦も離婚リスクが高くなります。

もちろん、夫からイヤなことをされた場合、その行動について文句を言うのはアリです。

ただ、「本当にだらしがないんだから!」というふうに人格攻撃にまで及ぶと、
夫のほうも「おまえこそキツイ女だな」などと炎上し、
夫婦仲がどんどん険悪になってしまいます。

 

③責任のなすりつけ合いをする

何か問題が生じたときに、「夫と妻、どちらが悪いのか」と
白黒はっきりつけたがるのも、離婚しやすい夫婦の特徴です。

一方的に約束を破るなど、加害者・被害者が明らかなケースもありますが、
夫婦間で生じた問題は基本的に「お互い様」
犯人捜しをするのはやめましょう。

けんか
④問題にきちんと向き合わない

問題が解決していないのに、夫婦の一方、または双方が、
話し合いから逃げてしまうのも、離婚しやすい傾向にあります。

うやむやにしたままでは、いつかは不満が爆発して、
取り返しのつかないことになりかねません。
しこりを残さないように、夫婦で納得のいくまで話し合いましょう。

ただし、興奮のあまり心臓がバクバクするなど、
冷静な話し合いができない状態であれば、一時中断するのはアリです。

以上、離婚しやすい夫婦の会話パターン4個をお届けしましたがいかがでしたか? 

 
一緒に生活していくうえで、ときには激しく言い争うようなこともあるでしょうが、
夫婦関係が致命傷を負わないためには、
これら4パターンだけは回避するように気をつけましょう。

(ここまで)

まあ、なんか懐かしい感じですね。離婚する夫婦の会話パターンって
意外とワンパターンなんです。

よせばいいのに、つい、口に出てしまいます。

感情的に、おさまりがつかなくなります。
それはまるで、何かに取りつかれたように、しつこくなります。

ですので、逆に「言葉」に普段から気をつけるように、心がければ
夫婦の危機を、回避することができます。

 
とくにお酒、、アルコールが入ったときは、話題にも気を付けないと
いけませんね。

気に食わなかったことが、、でも流していたことが
アルコールの力を借りて、吹き出すこともあります。

さらに、男はプライドの生き物です。
そんな時は同じ土俵に上がると、しんどいことになりますので。

結婚生活では、なかなか思い通りにならないことがあります。
思い通りにならないからこその、夫婦の会話です。

Fotolia_50287441_XSp
起きてしまったことは、過ぎてしまったことは
しょうがないですのでこれからどうするのか?

 

明るく建設的な会話を、忙しい生活のなかで
実践するしかありません。

【離婚回避マニュアル】
離婚したくない

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます