女性のほうから
「好き!この人と結婚したい!」と思っても
それが叶うのは何パーセントぐらいなんでしょうか?

 
たとえば

あなたが、背伸びをしすぎている場合

相手を理想化しすぎている場合

まだ未熟さゆえ、相手と自分の相性が十分にわからない場合

まだこのほかにもいろいろありますが
たいていの場合は、好きな人とそのまま結婚できるケースは
少ないと思うんです。

 

ですので、好きな人と現実に結婚する!というふうに
強引に持っていくことが、はたして本当にいいことなのか?

その結果は、すばらしいものかは、分からないこともあります。

好きな人 結婚

 
こうした、醒めた目も必要だということを、知っておいてくださいね。
そうした場合、次にもっとふさわしい人が、出てくる可能性もあるのですから。
これは現実問題として忘れないでくださいね!

 

まず好きな人についてですがー

実際に結婚生活に入る前に、結婚式、ハネムーン、新婚生活、
子供が生まれるところ、

その子供を大きくして、そして歳をとって、死ぬ間際に
「おまえと結婚してよかったよ」と言われるかどうか?

これを、心のスクリーンに描いてみて、そのストーリーがつながるかどうかを
考えて下さい、

このストーリが展開していくのなら、可能性が高いと思います。

 

ところが、いくら描いても、描いても、どうも結婚式ぐらいまでが限界で
それから先のことが思い浮かばないというのならー

もしかしたら、その人は結婚する相手ではないのかもしれませんね;^^

ここ、チエックです!!!

 

そして、相手との結婚生活が心に描けるならこれから先
どういうことを、自分はしないといけないのか?

プロポーズさせる

次第に若妻らしい雰囲気を漂わせて
奥さんに対して、相手がしてほしい、思うことって
こういうことかな?、、、ということを常に意識して
それらしく振る舞っていくことです


 

自然、自然に相手は催眠術にかかったように、あなたが奥さんであるかの
ような錯覚に陥り始めます。

相手がそれに、のめりこんでくるようですとかなり脈ありです。

 

ところがあなたが新妻のように振る舞うと
途端に距離を置く男性ですと
これはいわゆる、遊びである可能性が、とても高いです。

そうしたときに、見抜けないで
結婚してほしいがために、安易な気持ちで、深い関係になると
それをピークに相手が遠ざかっていくことがあります。

 

好きな人

ですので、本当に結婚したいと思っている相手でしたらー
結婚の約束が出来るまでは
深い関係にまでいかないところで、距離を置いておくことが大事なんです。

そうしないと相手は
「なんだ、つまらない」と、通り過ぎていくことがあります。

 

最後の一線のところで距離をとっておくこと
少なくとも、結婚の約束をつりつけたあとでなければ
深い関係にはいらない。

この態度を堅持してください。

 

そのプライドが、相手に対して、
「あなたになにか、高貴なものがあるのかもしれない」
「なにか素晴らしいものが、あるのかもしれない」という
期待を抱かせることになります^^

または、頭のいいあなたならー
次第次第に、誘導尋問で言わせてしまってもいいでしょう。

結婚したいと

だんだんに、周りの人に認知してもらうような手も有効です。
外から埋めていく方法です。

ただ、この外から埋めていく方法は
よほど確信がないと、話だけ先行して流れてしまった際
後々、あなたの心にとても深い傷が、残ってしまいます;^^

 
いずれにしても

最終的に、あなたとの縁があるかが、大事ですので
縁がなくて、もし流れるようになってしまったら
それはそれ、次のチャンスもあるというふうに
割り切って考えたほうがいいです。

プロポーズさせる

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます