愛があれば大丈夫!というけど、恋愛と夫婦生活は別物!一筋縄ではいかない

良く使い古された言葉に「愛があれば~」という文章があります。その次にはお金でしょうか?貧しくともでしょうか?その愛というのも、実に深いもので、男女の愛だけでは、乗り越えられない現象が出てくるのはどうしてでしょうか?

あんなにラブラブに見えたカップルは、泥沼離婚劇になったり、していますので本当に男女の愛とは不思議なものです。

その愛はもしかしたら、本能に愛、もっと言うと性欲に裏付けられた愛ではないでしょうか?そのような愛は若い時はいいでしょうが、決して長続きはしないのです。

うまくいっても、どちらかが主導権を握っているだろうし、ギブアンドテイクの関係だったりします。どこかで相手の受け入れられない部分を持っているかもしれませんし、価値観のズレみたいなものもあったりします。

それを夫婦の「営み」で埋めることができるかもしれませんが、性欲だけでは限界があります。それは想像すればわかりますよね?

大事なのは「理解できているのか?」という部分です。その理解は幸せの時以外に、試されるものなのです。

それをくぐり抜けていったときに、夫婦は成長をし、景色が変わっていく違いを感じ取れるようになるのですね。

あなたが描いていた夫婦像と「なんか違うな」と感じているのであれば、こちらを読んでみてください。

ラブラブ夫婦がつかんだこと!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます