12月イベント関東、年末年始イベントホテルで夫婦修復のきっかけを!

今年もあと2カ月余り。少し後からくる12月には年末年始イベントも盛んに行われていますね。会社勤めしているご夫婦さまは、忘年会等のお付き合いで忙しいです。でもね、、、夫婦そろってのお出かけもいいものですよ。

まあ、子供がいたら一緒につれて、食事したり、買い物したり、今の季節ですと、イルミネーションが綺麗です。中々、ロマンティックなムードです。

この時期を夫婦修復のキッカケにするのもいいですよね。洒落たお店を予約して、サプライズなプレゼントを帰りに渡してみたり、、、。

「ぶすっ」とした感じで、「話があるから、」とか「付き合ってもらいたい場所があるから」といって呼びだしてもいいと思います。
大掃除はいつもよりも率先してお手伝いすることですよ。

夫婦修復で一番気を付けることは、「損得勘定」です。「こっちばかり、、、あっちは何にもしてくれない。」とかの想いは不要です。
共に協力するのが夫婦でして、いつも「ギブアンドテイク」で割り切るとただの同居人になってしまいので注意が必要です。男女の役割で知恵を使ってくださいね。

1年の終わりに、、リセットしてみませんか?相手も自分も許す月にしてはどうですか?

今年、意見の対立で喧嘩したり、はっきりさせたいことが未解決のままだったり、気に食わないことで悶々していたこと。それらを一気に許してみませんか?

新年に持ち越さないために、今一度歩み寄って理解してみませんか?

その時は会社で面白くないことがあったのかもしれません。相手がなんらかの形で、不機嫌だったのかもしれません。子育てで悩んでいたのかもしれません。

「ささっ」と話せば分かる相手と、ご夫婦になったのでしょう。長い結婚生活で、なかなか思い通りにならないことがありますものね。

夫婦の夫婦である所以は「情緒的なサポート」が、なり立っているかどうか?が大事なんです。

情緒ってなんですか?調べてみてくださいね。
(事に触れて起こるさまざまの微妙な感情。また、その感情を起こさせる特殊な雰囲気、喜怒哀楽などの本能的な感情、情動)

夫婦の何気ない会話やスキンシップで、共有できたり、愛情を感じたりすることです。

結婚生活が長くなって、、ご無沙汰していませんか?まさしく、「空気の存在」になっていませんか?それでは余りにも寂しいですよ。

今年の終わりに、情緒的なサポートの存在を再構築して、来年から少し自分達らしい、ラブラブな夫婦を目指しませんか?

45日で夫婦の情緒を再構築させる

妻からの離婚を取り下げてもらう唯一の方法

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます