あなたは彼氏・旦那さんと同じベッドで眠っていますか?うーん、でも
いびきがうるさくてー。とか、夫婦仲が悪くて、、いまさらー。とか
その寝室問題はいろいろありますのでねー。

2005年にアメリカの国立睡眠財団がパートナーと
一緒に住んでいるひと1506人を対象に調査したところ、
その約23%が「別々のベッドで眠る」と回答したそうです。

image (12)

しかし、アメリカのピッツバーグ大学の研究によると、
同じベッドで寝ると、恋愛ホルモンと呼ばれる「オキシトシン」が増加し、
ストレスホルモンの「コルチゾール」が低下することが分かりました。

コルチゾールが増加してしまうと、心臓病、うつ病などの
自己免疫疾患を引き起こす、「サイトカイン」というたんぱく質が増えます。
しかし、一緒に寝ることにより、そのたんぱく質レベルが低下するのだそうです。

ピッツバーグ大学の心理学助教授であるウェンディ・トロクセル氏は、
「こういった現象が起こるのは、誰かが隣にいることで、
守られているという安心感があるからでしょう」と分析します。

さらに、「幸せな結婚をしているひとは、独身や、
結婚していても幸せでないひとより健康で幸せに長生きする
という文献もあります」とつけ加えています。

image (13)

2009年のトロクセル氏の研究で、
パートナーと一緒に寝ている女性は眠りにおちるのが早く、
夜中に目が覚めることが少なかったのに対し、

ひとりで寝ている女性は、
夜に頻繁に目が覚めるということも分かったのだとか。

さらに、アメリカのノースカロライナ大学の研究で、
59人の女性に毎日旦那さんや親とハグをする回数をカウントしてもらいました。

そして血液中のオキシトシン濃度を分析したところ、
いちばん多くハグを受けたひとはオキシトシンの濃度が最も高く、
血圧と心拍数が最も低かったそうです。

http://news.ameba.jp/20120620-334/引用

うーん、いいお話ですよね?夫婦の同じベッドって。

日本では、いわゆる、熟年夫婦さんって別々の部屋で寝るのが
多いと聞きます。

image (14)

旦那さんのいびき、歯ぎしり、寝ぼけて蹴られるとか???
うるさくて、寝れないのが原因なんでしょうか?
せめて、いびきをかかない方法でもあったらー

でもまあ

パートナーと同じベッドで寝ることは、あなたの睡眠の質をも向上させるのが
判明しました。

夫婦円満のためにはコミュニケーションは大切ですし
寝るときだって、お互いが手の届くところにいるととても安心です。

ただし、快適な睡眠もまた重要ですから、ベッド(布団)を同じにするかどうかは、
それぞれの家庭の事情によって、柔軟に考えてもいいと思います。

「いびきが、うるさくなければ一緒に寝ます」のが本音かもしれませんしね。

「夫婦のコミュニケーション」という点からは、
同室にするメリットがたくさんあるようですね。

やっぱり
目には見えない、安心感なんですよねきっと!
ですので
このお盆をキッカケに一緒に寝てみたらどうでしょうか?

Fotolia_47616952_XSwp
えっ?もしかしたら
ますます、ストレスが増えそうですか?
「せっかく心地いい、一人の眠りなのにー」って?

そんな声も聞こえそうですね;^^

★ところでいびきは大丈夫?
いびきをスッキリとなくす方法



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます