誰もが幸せな結婚をしたいものだし、結婚する前からいろいろとイメージを
膨らませているかもしれませんよね?

 

ですが、しっかりと確認をしないと後で後悔するかもしれないから、よくよく今一度考えてほしいと思います。

 
あなたたちカップルは「結婚するとどうなるのか?」という問題を深いところで認識していないと思うのですね。

 
まずは仲のいいお二人さんなのでしょうが、
「結婚したら変わらなければいけない」「独身時代と同じような自由気ままな時間は少ない」という
前提があるのです。

 

特に男の人は結婚生活では、自分の生活パターンはそのままで、家事をしてくれる妻がおまけのように付いてくるものだと錯覚してしまいます。

 

男性心理の「征服感」からくるのだと思います。良く言えば「俺についてこい」でしょうか?

 
そうすると、当然、結婚した相手が自分のペースに合わせるのが普通の感覚になります。

 
結婚という、「征服」の証?自分が不都合を感じる変化は初めから望んでいないし
好んで、相手に合わせて自分を変えていこう!とする考えもありません。

 
また女性は女性で、安心しきって、どんどん夫に頼りっぱなしになってしまうこともあります。

でもね、結婚は二人がひとつになり同じ方向を見ることです。
もう、一体感こそ、リアリティー。自分の人生は相手のもの。

 

理想的な人に出会うという言葉がありますが、理想的な人、相性抜群な人は見つけるのではなく
努力して、なっていくのです。

 

相手になってもらうのではなく、どちらからともなく、そうしていくのです。

 
この認識を持っていないと、一人がいつも耐えて、一方がいつも要求し続ける結婚生活に
なってしまいます。

いつしか、そうしたずれが離婚騒動を起こす引き金になるのです。

 
ですから、結婚してからの軌道修正は結構大変ですから、結婚前に確認しておかないといけないのです。
 

未熟な若い二人が、結婚を機に、成長し、大好きな個性をさらに輝かせるために!

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます